1. 武庫川女子大学情報メディア学科
  2. 特色ある授業
  3. 受賞報告
  4. 大森ゼミの3年生が「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」と「第12回ACジャパンCM学生賞」で入賞しました!

受賞報告受賞報告

大森ゼミの3年生が「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」と「第12回ACジャパンCM学生賞」で入賞しました!

2017年4月20日
大森ゼミの3年生が「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」と「第12回ACジャパンCM学生賞」で入賞しました!

 大森いさみ准教授ゼミの3年生、岡奈々枝さん、原田胡桃さんが、「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」で優秀賞を受賞し、また同ゼミの3年生、江口梨津子さん、小島里香子さんが「第12回ACジャパンCM学生賞」で奨励賞を受賞しました!

「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」で優秀賞を受賞!

 大森ゼミの3年生、岡奈々枝さん、原田胡桃さんが、「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」で、全国の大学、大学院、専門学校14校の全29件の中から見事、優秀賞を受賞しました! そして、平成28年2月15日(月)に滋賀県庁知事室で行われた表彰式にて、三日月大造滋賀県知事より表彰状が授与されました。

 この「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」は、女性を引き付ける滋賀県観光を促進するため、全国の大学をはじめとする学生を対象に、女性観光客が滋賀県を周遊する「女性が行きたくなる滋賀の旅」をテーマに募集が行われました。同コンテストは、滋賀県の地域資源を活用するとともに、既成概念にとらわれない学生ならではの視点で、県内での女子旅プランを広く周知することを目的として実施されました。

 岡さんと原田さんは、平成27年11月から約2ヶ月の期間をかけて「近江牛一頭食い」の企画を考案。この企画は、食べることが大好きな近畿地方に住むOLの2人組20代~30代の女性をターゲットに、滋賀県の特産品でもある近江牛を食べることに着目しました。
 このプランの一押しは、近江牛の部位を食べ比べできるよう、ステーキをはじめすき焼きや肉まんなど、さまざまな部位を最も美味しい調理方法で近江牛を堪能できることです。また、食べるだけではなく近江牛とも触れ合うということで、乳搾り体験やバター作り体験なども盛り込まれたプランとなっています。

 岡さんは、「私たちはこれまで滋賀県に訪れたことがなく、滋賀県といえば琵琶湖以外思いつかないというほど、滋賀県を知りませんでした。なので、実際に足を運んでみると、滋賀県には魅力的なスポットがたくさんあり、テーマを絞り込むことがとても難しかったです。またインターネットで調べたときの情報と自分たちで実際に足を運び、経験した情報では大きく違うということを今回の経験を通じて学ぶことができました」と話してくれました。

 この企画は、日本旅行ホームページ女子旅サイト「たびーら」の滋賀県特集ページに掲載されています。
 ※掲載されている日本旅行ホームページ女子旅サイト「たびーら」の滋賀県特集ページはこちら

「第12回ACジャパンCM学生賞」で奨励賞を受賞!

 公益社団法人ACジャパンが主催する「第12回ACジャパンCM学生賞」で、大森ゼミの3年生、江口梨津子さん、小島里香子さんが制作した30秒のテレビCM「どうすれば人は笑顔になるだろう?」が奨励賞を受賞しました!

 「ACジャパンCM学生賞」は、応募資格が大学・大学院・専門学校等の学生に限られており、日本の未来を担う若い世代が広告制作を通して公共広告への理解を深め、社会に主体的に関わる「公」への意識を育むことを目的として、2005年より毎年開催されています。本学科は、この賞に毎年数点ずつ作品を応募しており、2007年には、当時の本学科学生が制作した作品「ありがとうは無限大」がグランプリを受賞したこともあります。
 第12回目を迎えた今年は、全国26校、176作品の応募があり、一次選考、二次選考を経て、ファイナリスト54作品が選出され、平成28年3月9日(水)に行われた最終選考会において、江口梨津子さんと小島里香子さんの作品は奨励賞に選ばれました。3月28日(月)には、サントリーホールブルーローズ(小ホール)にて表彰式が行われ、受賞者にはトロフィーと表彰状が授与されました。

 江口さんたちは平成27年11月ごろから約3ヶ月かけて制作に取り組みました。二人は平成32年に開催される東京オリンピックを見据えて「日本のおもてなし」にテーマに作品を制作していました。そこで様々な世代を対象に「あなたにとって、おもてなしとは?」というインタビューを始めたところ、人によって多種多様の「おもてなし」の答えが返ってきました。そして、インタビューを続けていく中で、「おもてなし」とは「誰かを笑顔にすること」、「誰かに喜んでもらうこと」という答えに行きつき、映像作品「どうすれば人は笑顔になるだろう?」が制作されました。

 小島さんは「『おもてなし』についてインタビューを始めたとき、人によって『おもてなし』の考えが違うということで、私たちはテーマを大きくしすぎたことに気づきました。そこから私たちなりの答えに行きつくまでが特に大変で、今回自分たちの甘さをとても痛感しながらも、約50人の方にインタビューをし、作品を作り上げることができました。まさか受賞できるとは思っていなかったので、受賞の知らせが届いた時にはとても驚きました」と話してくれました。

「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」 優秀賞を受賞しました!

「学生による滋賀県の女子旅プランコンテスト」
優秀賞を受賞しました!

「第12回ACジャパンCM学生賞」 奨励賞を受賞しました!

「第12回ACジャパンCM学生賞」
奨励賞を受賞しました!

奨励賞受賞作品 「どうすれば人は笑顔になるだろう」

奨励賞受賞作品
「どうすれば人は笑顔になるだろう」