最新ニュース

WHAT’S NEW

情報メディア学科教員が担当する授業をきっかけに、「色彩検定」試験に多くの学生が合格。2019年度「色彩検定」文部科学大臣賞を受賞しました!

 情報メディア学科 和泉志穂准教授が担当する「色彩情報」「色彩情報論」の授業などをきっかけに、「色彩検定」試験に多くの学生が合格。優秀な成績が認められ、本学は2019年度「色彩検定」文部科学大臣賞を受賞しました!

 色彩検定とは、色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。色の基礎から、配色技法、専門分野における利用などを幅広く学習し、感性や経験によらない、理論の土台を身に付けることができます。

 毎年、本学科の和泉先生の講義をきっかけとして、色彩に興味を持った学生が積極的に検定試験にチャレンジしています。資格サポート窓口主催の学内講座の受講生も合わせて、2級・1級はもちろん、2018年冬期試験から新たに設置された、UC(色のユニバーサルデザイン)級でも、多くの合格者を輩出しました。
 特に1級試験は、年に一度しか実施されず、学科試験に加えて実技試験もある、難易度の高い検定です。2019年度は、そんな難しい試験に挑戦した10名(うち情報メディア学科の学生は5名)全員が合格することができました。

 また、「色彩検定」のWebサイトや2020年検定ガイドでは、学生へのきめ細かなサポートが評価され、団体での取り組みとして本学が紹介されています。

 本学は2017年度より2年連続で優秀団体賞を受賞しており、2019年度は大学部門で1校のみが選出される、最高位の「文部科学大臣賞」を受賞することができました。和泉先生は、第1回色彩検定UC級にて、満点合格という成績をおさめ、色彩検定協会優秀賞を受賞しています。

 「色」というものは、私たちの生活に必ず存在しています。色に関する知識を増やすことで、普段の生活から将来のさまざまな職業など、あらゆる場面で役立ちます。皆さんも一度、色の世界の勉強をしてみるのはいかがでしょうか。

■色彩検定 公式サイト 団体での取り組み 
https://www.aft.or.jp/column/list.php?category=3

この投稿をシェア!

FacebookでシェアするTwitterでシェアするクリップボードにコピーメールで送る

メールマガジン やりとり

情報メディア学科では、在学生・卒業生・教職員、さらにはこれから本学を目指す高校生、企業や地域の方々を含む幅広い交流を目的として、学科独自のメールマガジン「やりとり」を発行しています。編集は本学科の在学生有志と助手と教員で行い、学科ニュース、学生エッセイ、スタッフの社会活動などの情報を発信しています。

登録はこちら バックナンバーを見る
トップへ戻る