藤本第二ゼミ(旧松野ゼミ)の4年生が株式会社DCSとコラボし、本学中央図書館「ライブラリー・カフェ」のグランド・オープンをプロデュース!

2017年5月27日

 藤本第二ゼミ(旧松野ゼミ)4年生の岸本真実さん、高橋倫子さん、西本紗也さん、山下桃佳さんの4人が、株式会社DCSとコラボし、平成29年5月10日(水)に本学中央図書館1階にある「ライブラリー・カフェ」のグランド・オープンをプロデュースしました!

 株式会社DCSは本社が西宮市にあり、コーヒー機器の輸入販売・生豆販売・コーヒーセミナー・カフェ運営等、コーヒーにかかわる事業を多岐に渡って展開し、Coffee Equipment(コーヒー機器)を通じて、コーヒーに携わる人々のフルサポートを行っている地元企業です。
 このプロジェクトは起業について学んでいくPBL(問題解決型学習)をするにあたって、ゼミ内で「マーケティング調査・商品企画をやってみたい」となりスタートしました。そこで株式会社DCSや西宮市など様々な方面からご協力いただき、「女子大生にも愛されるコーヒー」の商品開発を目指すプロジェクトが本格的始動、そして今回「ライブラリー・カフェ」の企画・運営が実現しました。

 ゼミ生4人は昨年12月から今年の5月にかけての約半年間、コーヒーへの関心が薄い女子大生にも手に取ってもらえるような商品を開発することによって、コーヒー市場をより幅広い世代へと拡大することを目的としてこの企画に取り組みました。またカフェを運営するための知識として、プロのバリスタからコーヒーのフレイバーやテイストを識別するカッピングや、ドリップによる美味しいコーヒーの淹れ方、ラテアートの作り方などの実地研修を受け、現在も「ムコジョブランド」のコーヒーを生み出すため、「ライブラリー・カフェ」を拠点としてマーケティング調査など様々な活動を行っています。

 カフェを企画・運営するにあたって岸本さんは「企業の方とやりとりをすることが初めての経験でしたので、丁寧な言葉遣いに気を付けるなど、普段慣れないことをするのが大変でした。ですが、企画を一から考えたり実際に運用したりなど、企画・考案から運用までの一連のことに全て関われて勉強になりました」と話し、また西本さんは「プロジェクトチームが全員で4人という少人数であるため、みんなが考えて意見を出し合わないと前に進めないので、それぞれが協力し合って作業することの大切さを実感しました」と話しました。

 またFMラジオ局「FMOH!851(旧:エフエム大阪)」の「武庫川女子大学ラジオ‐MUKOJOラジオ‐」にて西本紗也さんと高橋倫子さんが平成29年5月10日(水)の放送回に出演し、今回のプロジェクトについてインタビューを受けました。ラジオに出演して、西本さんは「とても緊張しましたが、多くの方にプロモーションができたと思います」と話しました。

 また岸本さんは「このカフェを場に、コーヒーを飲みながら映画の上映会や演奏会、作家を招いてのトーク会など、様々なイベントを開きたいです」と若い女性にコーヒーを広めるための、今後のプロモーション展開について意欲的に話してくれました。

 本格的なコーヒーが楽しめる「ライブラリー・カフェ」の営業時間は11:30~16:30 (授業実施日の月~金のみ)です。ドリンクメニューは150円からあり、その他フードメニューも豊富ですので、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

ポスター看板

看板ポスター

カウンターの様子

カウンターの様子

行列ができるほどの大繁盛!

行列ができるほどの大盛況!

129_news03_04

学生たちが手作りで作成し、学内でオープン前に配布したチラシ

129_news03_05

女子大生の嗜好とニーズに沿って、DCS社との協議の結果、多彩なドリンクとスイーツのメニューがそろいました