卒業研究・卒業基礎研究井上ゼミ

New Topics

井上ゼミの3年生が株式会社カツウラ化粧品とコラボし、オリジナルパッケージデザインの化粧品セットの開発と販売を行いました!

2017年4月20日
井上ゼミの3年生が株式会社カツウラ化粧品とコラボし、オリジナルパッケージデザインの化粧品セットの開発と販売を行いました!
 井上ゼミの3年生6名が、西宮市役所様と株式会社カツウラ化粧品様との産学官連携プロジェクトに取り組み、オリジナルパッケージデザインの化粧品トライアルセットの開発と販売を行いました。  株式会社カツウラ化粧品様は西宮市にある、角質ケアのパイオニアとして変わらない企業理念と、独自の美肌理念をコンセプトとして商品開発を行っている地元企業です。今回、株式会社カツウラ化粧品様が若い感性を商品づくりに生かそうと、商品のパッケージデザインを本学...

井上ゼミの3年生が短期留学生への「おもてなし企画」を行いました!

2017年4月20日
井上ゼミの3年生が短期留学生への「おもてなし企画」を行いました!
 井上重信講師ゼミの3年生が、平成28年7月12日(火)に本学の文学2号館5階にて、日本の文化を学ぶ夏期短期留学生受入制度(Study In Japan/SIJ)で来学していた留学生たちと交流するための「おもてなし企画」を計画し、実施しました!  今年のSIJではオーストラリア、イギリス、アメリカ、カナダ、台湾から16名の留学生が来日し、6月中旬から約3週間、中央キャンパスを中心に日本語はもちろんのこと、書道や舞踏など日本文化を学...

井上ゼミ 2016年度卒業研究要旨

2017年4月20日
中小物流企業の生き残り方  物流業界での経営問題として一番挙げられているのが人員不足なのである。大手企業は、この問題に対して物流の過程を中小企業に託しているため、中小企業より問題が解消されつつある。だが、中小企業は違う。近年職を求めている人々は、企業を選ぶ理由として企業の安定性を望む傾向がある。そのため、名の通りにくい中小企業は人材獲得が困難な状況なのである。中小企業は、どうしたらこの問題を解決し、物流業界に生き残っていけるのか。...

赤岡ゼミと井上ゼミの3年生がMラボ「課題解決ラボ」に参加し、赤岡ゼミのチームが審査員特別賞を受賞しました!

2017年4月20日
赤岡ゼミと井上ゼミの3年生がMラボ「課題解決ラボ」に参加し、赤岡ゼミのチームが審査員特別賞を受賞しました!
 赤岡仁之教授ゼミの3年生12名と井上重信講師ゼミの3年生5名が、平成28年10月29日(土)に神戸ハーバーランド・スペースシアターで開催された、Mラボ「課題解決ラボ」(主催:兵庫県、神戸新聞社)の公開プレゼンテーションに出場し、赤岡ゼミのチームが審査員特別賞を受賞しました。  Mラボとは、大学生と地域企業のマッチングを目指す事業で、神戸新聞社と兵庫県中小企業団体中央会が実施主体となっています。Mラボの中核事業の1つに「課題解決ラ...

井上ゼミの3年生が「第11回 隨心院ミス小野小町選考会」でミス小野小町に選ばれました!

2017年4月20日
井上ゼミの3年生が「第11回 隨心院ミス小野小町選考会」でミス小野小町に選ばれました!
 井上重信講師ゼミの3年生、小野梓さんが、平成27年11月23日(月)に京都にある小野小町ゆかりの寺院として知られる隨心院で行われた「第11回 隨心院ミス小野小町選考会」で、約70名近くの応募者の中から見事、グランプリであるミス小野小町に選ばれました!  「隨心院ミス小野小町選考会」とは、隨心院にゆかり深い、世界三大美人の一人と評される小野小町の功績を称えるとともに、「隨心院=小野小町ゆかりの寺」ということを認知してもらうことを目...

赤岡ゼミと井上ゼミの3年生がMラボ「課題解決ラボ2015」に挑みました!

2017年4月20日
赤岡ゼミと井上ゼミの3年生がMラボ「課題解決ラボ2015」に挑みました!
 赤岡仁之教授ゼミの3年生12名と井上重信講師ゼミの3年生5名が、PBL(Project Based Learning)の実践として、4月~10月までの約半年をかけて、Mラボ「課題解決ラボ」に挑みました!  Mラボとは、大学生と地域企業のマッチングを目指す事業で、神戸新聞社と兵庫県中小企業団体中央会が実施主体となっています。Mラボの中核事業の1つに「課題解決ラボ」があります。この「課題解決ラボ」は、兵庫県内の中小企業が抱えるさまざ...