卒業研究・卒業基礎研究藤本ゼミ

New Topics

藤本ゼミ 2016年度卒業研究要旨

2017年4月20日
非言語メディアであるInstagramの影響力~「インスタジェニック」と消費行動の関係性~  Instagramの普及で「インスタジェニック」を意識した飲食店が増えてきている。実際に宣伝を目的とするカフェや消費者が「インスタジェニック」をどう意識しているかアンケートを基に分析した。消費者側は食欲ではなく話題に乗りたいという自己顕示欲に繋がることがわかり、逆にカフェ側はInstagramでの宣伝を目的とした料理の考案は行っていないこ...

藤本ゼミと大森ゼミの3年生が近畿圏実践型課題解決プロジェクト「Ai-SPEC」に参加し、大森ゼミのチームが見事優勝しました!

2017年4月20日
藤本ゼミと大森ゼミの3年生が近畿圏実践型課題解決プロジェクト「Ai-SPEC」に参加し、大森ゼミのチームが見事優勝しました!
 藤本憲一教授ゼミの3年生12名と大森いさみ准教授ゼミの3年生4名が、経済産業省近畿経済産業局主催の「近畿圏実践型課題解決プロジェクト『Ai-SPEC』」に参加し、平成28年10月15日(土)に行われた大阪地区大会で、大森ゼミのチームが最終発表会への出場権を獲得し、11月23日(水・祝)に行われた最終発表会で見事優勝しました。  経済産業省近畿経済産業局が主催しているこの「近畿圏実践型課題解決プロジェクト『Ai-SPEC』」とは、...

藤本ゼミ 2015年度卒業研究要旨

2017年4月20日
藤本ゼミ 2015年度卒業研究要旨
フォトフレームを使用したプロジェクションマッピング「花鳥風月」  フォトフレームに投影するプロジェクションマッピングの作成を行った。センスオブワンダーという言葉の二つの用法の矛盾に注目し、綺麗・ロマンチックではなく、凄い・感動といった感情を引き出すことを目的とした。テーマは「花鳥風月」。日本の四季や自然を表現した。 身近な環境音を用いたミュージックコンクレートの制作 ~「喜奇快怪」~  ミュージックコンクレート(日常の中で聞こ...

藤本ゼミ3年生と情報メディア学科4年生の映像作品が、 NHKミニミニ映像大賞一次審査通過作品に選ばれました!

2017年4月20日
藤本ゼミ3年生と情報メディア学科4年生の映像作品が、 NHKミニミニ映像大賞一次審査通過作品に選ばれました!
 藤本憲一教授ゼミの3年生から成るグループ「藤本ゼミ中山班」が制作した映像作品『夢見る乙女』と、情報メディア学科4年生有志から成るグループ「Project-N」が制作した映像作品『魔イ 就活』が、第13回NHKミニミニ映像大賞(30秒部門)の一次審査通過作品に選ばれました!  同コンテストは、プロ・アマを問わない一般応募作品により競い合うもので、今回のテーマは「夢」。1000本を超える応募作品の中から、両作品は約12倍という狭き門...